銀行カードローン審査落ち

銀行カードローン審査に落ちやすい人の条件とは?

銀行カードローン審査に落ちやすい人の特徴とは、

@年収が極端に少ない
A他社からたくさん借入がある
Bすでに複数社に借入依頼をしている
C無職、またはフリーター、専業主婦である

 

以上のようなことが挙げられます。

カードローン審査落ち

 

まず@について。
極端に年収が少ない人においては返済能力が無いと判断され、
当然の事ながらお金を借りることはできません。
ではいったい年収何万円くらいあれば良いのか? という事ですが
残念ながらどの銀行カードローンの審査でも
基本的に最低○○○万円という基準はありません。

 

 

次はAについて。
他社からの借り入れがあると当然ながら審査に落ちやすくなります。
これはある意味当然であり、返済が遅れる可能性があると判断されるからです。

銀行カードローン

 

その次はB。
これは勘違いをする人がすごく多いのですが、
審査に落ちるのが不安だからと
高校受験の滑り止め受験のように複数社審査を受ける人がいるんですね。
しかしそれだけは絶対にやめてください。

 

複数社同時に審査を受ける人は
よほどお金に困っていて、返済が困難であると判断される場合があるからです。

 

クレジットカードやキャッシング、消費者金融やクレジットカードの申し込みをすると、
個人信用の履歴に残るので、銀行側に多重債務者と判断される危険性があるからです。

 

最後にCについてですが、
一般的に収入の少ないまたはゼロの人は審査に落ちやすいです。

 

 

どうでしたか?
銀行カードローンの審査に落ちやすい人の条件を解説しました。

 

また、審査に落ちるどうか不安だと思う方は一度、
モビットの借入診断を試してみると良いかもしれません。
モビットの借入診断は年収、他社からの借入額、生年月日を入力するだけで
すぐに借入可能かどうかが表示されます。

 

無料ですので一度、お試しあれ。