アコム審査

アコム審査にかかる時間は?

アコムの審査

 

アコム審査では、結果が出るまでにどのくらいの時間がかかるのでしょう?
公式サイトでは、即日融資希望でも最短で30分となっています。

 

今までの利用履歴に問題がないとか、基本的な条件に適しているなら、比較的短い時間で審査結果が分かるでしょう。

 

しかし、今までに延滞歴があるとか収入の1/3を超える前後の融資を受けている場合には、審査に時間がかかるものだと思っていたほうが良いですね。
インターネットでの申し込みをすると、24時間365日受付をしていますので、忙しい方や勤務時間の不規則な方も利用しやすいです。

 

即日で融資を受けたい場合には、14:00までに必要書類の提出完了をしている必要がありますね。
FAXや郵送、来店で必要書類を提出するより、インターネット経由で提出したほうが時間の短縮にもなりますよ。

 

本人確認書類として提出する運転免許証や健康保険証、パスポートなども写メなどの画像を添付するだけで良いのです。

アコム審査の流れって?

アコムでは様々な審査申し込み方法がありますが、インターネットを利用する場合でご紹介してみましょう。

 

アコムの公式サイトにアクセスをして、申し込みのボタンをクリックしたら、必要事項の入力をします。

 

ここでは内容に打ち間違いや記入漏れがないかを注意しましょう。
そして送信して初めてアコムでの審査が始まります。
内容を見てからアコムの担当者から電話が来ますね。

 

その後に本人確認の書類を提出することになりますので、用意しておきましょう。
インターネットで画像の添付をして提出すると、アコムでチェックしたり、間違いがないかの確認をしていきます。
また他社での借入がないかとか、今までの利用履歴も信用情報で確認されます。
審査結果が出ると、連絡が来て通過したのなら契約の手続きに移っていきます。

アコム審査ってどんな形で進めているの?

アコム審査でも、必要な情報を受け取ってから属性スコアリングで、返済能力の有無を確認しています。
他社でも取り入れているところがありますが、その方の勤務先や勤務年数、年収、お住まいが持ち家なのか賃貸か、また居住年数が何年程度なのか、と言う情報を元にして点数を着けるものだと思ってください。

 

安定性があるものほどスコアが高くなりますので、審査通過の可能性が高くなりますね。
どういった条件であればスコアが高くなるのでしょう?

 

お勤めしているところも出来れば倒産の可能性が少ないところの方が良いでしょう。
万が一、倒産して仕事を失うと返済能力が亡くなってしまうからです。

 

そして、何年勤務しているのかも大事ですね。
安定的な収入を証明するのには、会社へのお勤め期間は長いほうがいいでしょう。
1年足らずで転職するような人なら、返済能力に期待が出来ないからです。

 

住居も持ち家のほうが良いですが、賃貸でも長く住んでいると、家賃の支払もしっかりしているなら安心だという判断が出来ますね。
こうやって属性スコアリングで、その人の信頼性や返済能力のおおまかな振り分けをします。
そのあとは信用情報を紹介しながら、過去の返済問題や借入総額の確認などをしていきます。

 

年収の1/3を超えると融資が受けられないことが法律で決まっていますので、総量規制に問題がないのかをチェックしますよ。
借入総額も見ますが、借入件数でも4社以上からの融資を受けていれば、多重債務者の可能性があると見られます。

 

もし、4社以上からの借入をしていても、少額で完済できそうなところがあれば、返済を済ませて契約を解除しておけば、審査への悪影響は減らせるかもしれませんね。
ある程度、審査の流れやどのような作業があるのかを知っていると事前に検討できる事が増えますよ。

総量規制などの基本を知ろう!

キャッシングなど融資を受けるには、それに関わる知識をある程度持っていたほうが良いでしょう。
例えば総量規制があります。
年収の1/3を超える金額を借り入れすることは法律で規制されています。

 

それが分かっていると、他社融資との関係も理解できますし、現在はどの程度の金額まで借りられるのかも把握できますね。
また、この総量規制に住宅ローンや車のローンが入るのかと言う問題もあります。

 

住宅ローンや車のローンは規制の対象外となっています。
ただし、このローン返済で、延滞などがあれば審査に影響しますので注意してください。
信用情報についても少し理解していたほうが良いでしょう。

 

これは金融関係の会社が、利用料を払ってアクセスできるデータベースのようになっています。
そのため、他社での借入をしていても隠していてバレないだろうと思っても、このデータベースには掲載されていてチェックできると言うものです。

 

また、過去に借入をしていて延滞があっても言わなければバレないというものではありませんね。
どのような履歴を持っているのかを確認するだけではなく、申請している人が正直に情報提供しているのかまで分かることになります。
これで信頼度を計ることが出来て、融資をしてもいいのかが判断できます。